rugby

ついにラグビーW杯が日本で開催されました。日本代表も優勝候補の一角アイルランドに勝つなど飛躍的に成長しています。

私は特別ラグビーに詳しいわけではないのですが、競技前にオールブラックス(ラグビーNZ代表。めっちゃ強い。)が行う「haka(ハカ)」は昔からすごく気になっていて、これを期にまとめてみようと思ってこの記事を書いています。

スポンサーリンク

ハカ(haka)とは

hakaハカを語る上で欠かせないのが、オールブラックスの存在です。オールブラックスというのはラグビーニュージランド代表の相性で、ユニフォームの色からつけられました。

オールブラックスの何がすごいってその勝率です。以下にWikipediaのリンクを貼っていますが、どの国のチームに対しても負け越していないですし、通算勝率も8割弱と抜きん出ています。
(参考:オールブラックスの戦績

オールブラックスが試合前に行う伝統的な舞踊がハカであり、元々はニュージランドの先住民族であるマオリ族の戦闘の際の舞踊(War Cry)だとされています。そのため目を大きく見開いたり、舌を出したりと、一見すると相手を馬鹿にしているようにも見えるシーンがありますが、元々は戦闘前に相手を威嚇し、戦意を高揚させるためのものです。

現在では対戦相手に敬意を表して、オールブラックスが対戦前にハカを舞踊することが通例となっています。ハカにはいくつか種類があるので、以下で詳しく説明します。

カパオ・パンゴ

上記の動画は、オールブラックスが初めて「カパオ・パンゴ」を披露したときのものです。首を斬るような仕草が動画の最後のほうに見られます。当時はこの所作が相手を侮辱していると物議を醸したのですが、これは自分の首、つまり命をかけて試合に臨むという強い決意を表明するものです。

リーダーのウマガ選手はマオリの血を引いていませんが、多大なる功績が認められてリードをするに至っています。

歌詞と意味は以下のリンクからご覧いただけます。

カパオ・パンゴの歌詞と意味

スポンサーリンク

カマテ

カマテは100年以上前からオールブラックスがラグビー前に踊ってきた有名なものです。日本でハカと言えば、カマテを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

歌詞と意味は以下のリンクからご覧いただけます。
実はタイトルにもなっている「カマテ」というのは「私は死ぬ」という意味なのです。(元々は、敵に追い詰められ、死を覚悟したニュージーランド先住民族のマオリが、奇跡的に救出された時に披露した演舞だからです。)

カマテの歌詞と意味

ウォークライ(War cry)とは

実はhakaのような文化は、ウォークライ(War cry:戦いの雄叫び)と呼ばれており、ポリネシア系の人々が民族舞踊として伝承してきたものでした。

ニュージーランド以外にも、フィジーのジンビ、トンガのシピタウ、サモアのシバタウなどがウォークライとして知られています。

ジンビ

フィジー代表によるジンビ(シビ)の披露です。ハカに比べると威嚇の要素が少なく、戦意を鼓舞することに重きをおいているようにも見えます。
実際の歌詞はというと、かなり煽ってきていますが(^_^;)

日本語訳
用意せよ!シビ!
有刺鉄線、有刺鉄線(war-fenceの訳が思い当たらず。鉄壁ということだと思うのですが…)
オーオーオーオーオーオーオーオー
有刺鉄線、有刺鉄線
オーオーオーオーオーオーオーオーここを見よ、ここを見よ
私はお前たちの守りを撃破する
ここを見よ、ここを見よ
私はお前たちの守りを撃破する1匹の雄鶏と1匹の雌鶏が
ひたすらに攻撃する
まどろむことは許されない
波を破る音以外にはお前たちの船は下に沈む
溺れるところだったとお前たちは言うだろう
お前たちの守備は植物でできた檻にすぎない
私はそれをついばみ、壊してやろう私は木を引っくり返して根絶させる
それは難しいことだが、たしかにそこにある
木は地面の外にある
ゆっくりとだが私たちはそれを動かせる
オーオーオーオーオー!

シピタウ

トンガ代表によるシピタウです。シピタウは地面に拳を打ち付ける仕草が複数回あったことが印象的でした。
歌詞に出てくる「粉砕」の表現なのでしょうか。

元の歌詞は意味不明だったので、英訳された歌詞を見ながらなんとなく意訳交えてみましたが、英語もよくわからず…
というかラグビー単語なのか?よくわからない単語が多かったです。

日本語訳
戦に備えろ!
トンガ!私は全世界に話しかける
海鷲(トンガチームの愛称)は空腹で翼を広げる
外国人と滞在者は用心しろ
今日、魂の破壊者はどにでも存在する
ハーフバックからバックスまで
人格はもはやなくなったモールとゆるいフォワードは刈り取らん
どんなに獰猛な心でも粉砕してみせよう粉砕する!
そうだ!
粉砕する!
そうだ!これがトンガのモットーへの尽くし方だ
我は神とトンガの継承者なりアーヤー!
トンガ!

シバタウ

サモア代表によるシバタウの披露です。
リズミカルで動きが素早いような印象を受けますね。

まとめ

日本で開催された今回のW杯では、各国の選手がお辞儀をしていることが話題にもなっていました。各国の文化とフェア精神を大切にするラグビーは素晴らしいスポーツですね。

日本代表がNZ代表と戦うことはあるのでしょうか。ハカが見られるのが楽しみです。

スポンサーリンク
えいごログ運営陣による英語学習教室のご紹介です

ポム英語学習教室は、大田区西馬込駅から徒歩1分の場所に位置しています。小学生から社会人までの英語学習をサポート致します。遠方の生徒さんでもオンラインで対応可能です。

pom

小学校・中学校の英語学習先取り/定期テスト対策/受験対策や、英検対策/TOEIC対策/IELTS対策など各種資格試験の対策も充実!やる気を引き出して丁寧に指導します。

電話:03-4500-8506
※生徒受付専用ダイヤルです。業者からの営業のお電話は固くお断り致します。

住所:東京都大田区南馬込5-40-5 テワンビル2F

この記事を気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事