tristan

突然ですが、あなたは「トリスタン・ダ・クーニャ」という島をご存じでしょうか?
トリスタン・ダ・クーニャは大西洋に浮かぶ絶海の孤島で、島には空港もないので、南アフリカ経由で船で向かうしかありません。日本にも飛行機で行けない小笠原諸島がありますが、小笠原諸島が東京から約1000km離れているのに対して、トリスタン・ダ・クーニャは大陸から約3000km離れています。東京から小笠原まで船で片道25時間半かかりますが、ケープタウンからトリスタン・ダ・クーニャは船でなんと片道1週間弱かかります。

トリスタン・ダ・クーニャってどこにあるの?

トリスタン・ダ・クーニャから最も近い有人島はかのナポレオンが流罪となったことで有名なセントヘレナ島ですが、セントヘレナ島ですら約2500km離れているので、まさに孤島という言葉がふさわしい島です。

では、一体トリスタン・ダ・クーニャ島はどこにあるのでしょうか。グーグルマップで見てみましょう!

<トリスタン・ダ・クーニャの位置>

おわかりいただけましたでしょうか・・・?
地図上で見渡す限り、海、海、海。これがトリスタン・ダ・クーニャです。

トリスタン・ダ・クーニャは有人島

island

タイトルにも書きましたが、トリスタン・ダ・クーニャはなんと有人島です。ギネス世界記録にも「最も孤立した有人島」として記載があります。

こんなに孤立した島ですが、イギリス領であり、公用語は英語です。高校生以上の希望者は英国本土の学校に通うこともできます。しかし、島に帰ってくる人も多いようで、現在でも島民は300名弱います。島の祖先は15名(なぜ奇数なのでしょうか…?)に絞られるようで、血縁関係が濃すぎることで遺伝性の肺疾患患者が多いことが問題となっています。本来、有性生殖を行う動物は自分と異なる遺伝子を持つ個体と子孫を作ることで、遺伝子上の欠陥が出ないようにカバーします。トリスタン・ダ・クーニャのように隔絶された場所では、新しい遺伝子を持った人間と結婚することができず、結果として遺伝子の欠陥を補えず、遺伝性の病気が出てしまっています。

トリスタン・ダ・クーニャの環境

nature
トリスタン・ダ・クーニャは火山島で、最大標高は2000mに達します。かつては火山活動が活発な時期があり、島民が全員避難した歴史もあります。島全体が険しい山となっており、集落は島唯一の平地にまとまっています。島民が暮らす分の施設しかないので、宿泊施設もありません。取材等で訪れた外部の人間は必然的に島の人の家に泊めてもらうことになります。警官も島に一人で、島から逃げられないので事件もめったに起こりません。しかし、かつて事件が起こった際には大騒ぎになったそうで、事件に対する免疫もありません(笑)

島民が暮らしていくために必然的に助け合う関係となるので、土地の所有権もなく、家畜も等しく分配して生活しています。沖縄の久高島は土地の所有権がないのですが、小さな島の世界では所有権を主張するのも無意味なのかもしれませんね。

トリスタン・ダ・クーニャの産業

fish
ここまでトリスタン・ダ・クーニャの特殊な環境についてお話してきましたが、これだけ孤立した島だと仕事がないと思いませんか?実はトリスタン・ダ・クーニャには島の経済を支える一大産業「ロブスター漁」があります。周囲は360度海に囲まれているので、漁場だらけ。豊富なロブスター資源を取り放題というわけです。このロブスターを輸出することで外貨を獲得し、島の経済は成り立っています。ロブスターの加工場は島で最大かつ最も重要な施設です。島で使う電気の発電もすべてロブスター加工場で行われています。ちなみにトリスタン・ダ・クーニャ産のロブスターは日本にも多く輸出されています。日本人はエビ・カニすきですもんねー!
また、当然島の公共事業はすべて島民が自身で行う必要があるので、多くの島民は公務員の肩書も持っています。小さな島でも仕事はむしろたくさんあって無職の人は一人もいません。日本も見習うべきかもしれませんね。

世界一離れた島の良い点・悪い点

way
世界一離れた島にもいいところと悪いところがあります。トリスタン・ダ・クーニャに少し興味のあるあなたもちょっと一緒に考えてみませんか?

良い点
・自然が豊富で美しい。山も海も両方楽しめる。
・気候が温帯で過ごしやすい。
・都会の喧騒などは皆無。穏やかに暮らせます。
・ネット環境はあるが、通信速度は遅い。
・宣伝広告に踊らされることなく、自分の人生を生きる人たちが多いです。
・仕事探しの必要なし。むしろ仕事のほうが寄ってきます。
・相互扶助の精神があり、一生の仲間とともに暮らせます。
悪い点
・どこに行くにも遠い。基本島から出られない。
・都会のような刺激は皆無。店もほとんどない。
・一度人間関係を裏切るような行為(犯罪とか)をすると大変。
・ロブスター漁が大変かも?

私の主観も入っていますが、こうやって並べてみると良いことのほうが少し多い気がします。反面、一度人間関係がこじれると大変なことになりそうですね…。しかし、予想を絶するほどの孤島。私たちとは感覚も変わってくるのかもしれません。

まとめ

今回はトリスタン・ダ・クーニャの映像を見ておわかれです。Youtubeには英語の動画があったので、リスニングの練習がてら聞いてみてくださいね。リスニングが難しいと感じた方は、右下の字幕マークを押すと、字幕を表示させることができますよ!

聞き取れましたか?!
えいごログでは、リスニングの記事も紹介しています。こちらもぜひお読みください!

それでは、また次回!

スポンサーリンク
えいごログ運営陣による英語学習教室のご紹介です

ポム英語学習教室は、大田区西馬込駅から徒歩1分の場所に位置しています。小学生から社会人までの英語学習をサポート致します。遠方の生徒さんでもオンラインで対応可能です。

pom

小学校・中学校の英語学習先取り/定期テスト対策/受験対策や、英検対策/TOEIC対策/IELTS対策など各種資格試験の対策も充実!やる気を引き出して丁寧に指導します。

電話:03-4500-8506
※生徒受付専用ダイヤルです。業者からの営業のお電話は固くお断り致します。

住所:東京都大田区南馬込5-40-5 テワンビル2F

この記事を気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事