1_3

こんにちは、みるです。

今回は海外ドラマ「glee/グリー」のシーズン1第3話の英語&洋楽の解説をしていきます。

この作品はグリークラブ(合唱+ダンス部)を舞台にしたお話なので日常英会話だけでなくさまざまなジャンルの洋楽を聴くことができるのが最大の特徴です!

作品紹介&第1話、第2話の解説はこちら。

※他の海外ドラマ『フレンズ』の解説記事も随時更新中です!

注意!
海外ドラマ「glee/グリー」の解説記事では、これから作品を見る方に楽しんでいただけるよう、ネタバレしないようにできるだけ配慮しております。ただし、解説をするうえで前後の文章が必要な場合やシチュエーションの説明が必要な場合があります
スポンサーリンク

シーズン1第3話のあらすじ

acapella

ウィルはダンスの振り付けがダサいと生徒たちから言われて落ち込む。

同僚とひょんなことからグループ "Acafellas" を結成することになり、グリークラブを離れがちになってしまう。

生徒たちは、新しいダンスの先生を雇おうとするが...

シーズン1第3話の英語の解説

赤枠は語句や文法の解説、青枠は背景知識、緑枠は両方の箇所につけています。

シーズン1 第3話 Acafellas

タイトルはウィルたちが結成したグループの名前です。フレンズとはタイトルのつけ方が違いますね(笑)

speak

I can't hold it in any longer.

ウィルから両親に重大発表しています。
I'm sorry.
I ..., I can't hold it in any longer.
 I can't hold it in any longer. は言いたくてしょうがなくて「もう我慢できない!」という時に使えます。
トイレに行きたいときも使えますよ(笑)
怒っているときなどマイナスな意味の「我慢できない」はcan't standを使うといいです。
対訳)
ごめん、もう我慢できない!(から言っちゃう!)

Hanoi Hilton(ハノイ・ヒルトン)

ベトナム戦争当時のベトナム民主共和国ハノイ市にあるホアロー捕虜収容所(Hỏa Lò Prison、現・ハノイタワー)のことを指しています。
捕虜となったアメリカ兵を収容する施設で、アメリカ兵からの呼称がこの「ハノイ・ヒルトン」でした。
悪名高い収容所だったようで、拷問もひどかったようです。
映画"The Hanoi Hilton"でもその様子が描かれています。
jobchange

I settled for ~

自分の過去の決断を公開するウィルのお父さんのセリフ
So I settled for insurance.
settle for~:〔不満足ながら~我慢/妥結する、~という結果に甘んじる
insuranceは単に保険の意味もありますが、ここでは保険業です(instead of lawyer)。
対訳)
だから、(夢だった弁護士じゃなく)保険業で妥協したんだ。

You don't have to ask every time for permission to go to the bathroom.

レイチェルが意を決して物申す場面
Rachel : Uh, could we stop, please?
Will : You don't have to ask every time for permission to go to the bathroom, Rachel.
Rachel : It's not my bladder.
ウィルのセリフは普通に使えそうなので載せてみました(笑)
bladderは直訳すると「膀胱」ですが、ここでは「トイレの話じゃないんですよ」という意味で使っています。
対訳)
レイチェル:すみません、一旦止めてもいいですか?
ウィル:トイレに行くのに毎度許可を取らなくても大丈夫だよ、レイチェル。
レイチェル:いえ、トイレじゃないんです。
candle
Quinn : He was the understudy to the candelabra in Beauty and the Beast on Broadway.
Will : Just because he understudied doesn't mean he ever performed.
<Beauty and the Beast>
「美女と野獣」ですね。ここではその中のcandelabra燭台」の役の話をしています(ディズニー版だとルミエール)。
お話を知らない方のために一応説明しておくと、呪いをかけられたお城の王子様と使用人たちは姿が人間ではなくなってしまいます。燭台はメインキャストなので、個人的には代役でもすごいと思います。
understudy〔演劇などの〕代役
対訳)
クイン:彼は『美女と野獣』の燭台の代役だったのよ、ブロードウェーのね。
ウィル:代役だったからと言って(実際に出演して)演じたかはわからないじゃないか。
OTC(over-the-counter)medicine
カウンター越しに販売されることからこう呼ばれます。
一般用医薬品とも。市販薬で、ドラッグストアで買うことができる類の医薬品を言います。
これに対して処方薬はprescription medicine/medicationと呼ばれます。
hiphop

グリーそっちのけで楽しむウィル(笑)

Two weeks ago I would have agreed that four grown men rehearsing a cappella hip-hop in my living room was embarrassing.
But bustin' out some white-hot New Jack Swing I'll tell you, I've never felt more confident.

1文目は仮定法で訳しましょう。
a cappella:アカペラ(もとはイタリア語)
bustin' out = busting out
bust out:(英英辞典)To suddenly perform a particular action.が一番当てはまるかと思います。

white-hot白熱した

New Jack Swing
1980年代後半から1990年代前半に流行した音楽スタイルのこと
これまでの音楽を融合した新しいスタイルで人気を博し、ラップを取り入れるなどいわば音楽の革命だったんだとか。
対訳)
2週間前の僕だったら、4人のいい大人の男がリビングでアカペラのヒップホップの練習をするなんて恥ずかしいって言うだろう。
でも、熱いNew Jack Swingを歌ったとき、今までにないくらい自信を持てたんだ。
フィンに責められたレイチェルが反撃します
Look, you have your popular clique and your football and your cliché of a blonde girlfriend.
Glee is my one shot.
clique:徒党、派閥
cliché:[元はフランス語]決まり文句、陳腐な考えなど
shot:試み
対訳)
いい?あなたは人気のグループにいて、フットボールもあって、典型的なブロンドの彼女までいる。
グリーは私にとってたった一つのチャンスなの。
store

Every moment of your life is an opportunity for fashion.

ここのカートの発言が好きです
Kurt : What are you wearing on our Operation Dakota Stanley field trip?
Mercedes : Is there a dress code?
Kurt :
No, but every moment of your life is an opportunity for fashion.
We'll hit the mall after school.
hit the mallLet's go to the mall.のカジュアルな表現です。
対訳)
カート:ダコタ・スタンリーのところに行くのに何を着ていく?
メルセデス:ドレスコードがあるの?
カート:
いいや、でも人生の一瞬一瞬がおしゃれをするタイミングなんだよ。
放課後にモールに行こうよ。
Josh Groban
アメリカの歌手で、グリーには本人役で出演しています。
そんなに重要じゃないけど今回だけでなくまた出てくるので顔だけ覚えておいてください(笑)
myspace

自分もアカフェラスに入れてもらおうと必死のサンディー先生です。

Sandy :
Josh and I have become frequent pen pals since he accidentally friended me on MySpace.
And being my close personal confidant he is only interested if I am in the group.
Will :
No, Sandy. We have standards.
MySpaceは第1話でも解説しましたが音楽中心のSNSの一つです。
confidant
親友、腹心の友
対訳)
サンディー:
ジョシュと私は彼が間違ってMySpaceでフレンド申請してきてからメル友なんだ。
真の親友だからこそ、私がグループにいなきゃ彼は興味を持ってくれないよ。
ウィル:いいや、サンディー。僕たちは(君をグループに入れないっていう)決まりをつくったんだ。

What he doesn't know doesn't hurt him.

メルセデスがカートの車を褒めている場面
Mercedes : This car is fly.
Kurt :
My dad got it for my Sweet 16 after I swore to stop wearing form-fitting sweaters that stop at the knee.
What he doesn't know doesn't hurt him.

fly第2話でも出てきました。かっこいいという意味です。
Sweet 16
北米では16歳を「大人への節目」と考える風習があり、そのお祝いに車をプレゼントすることが多いようです。
※ただし、法律上の成人は別でほぼ18歳です。

対訳)
メルセデス:この車すてき。
カート:僕がぴっちりしたセーターを着ないって約束したらパパが16歳のお祝いに買ってくれたんだ。
パパが知らなければパパを傷つけることもないさ(知らぬが仏)。

places

テンションが上がってきたサンディー先生のセリフ

Forget every experience you have ever had in your drab little lives.
This is the most important thing you will ever do. Places!

drab : (色が)さえない、どこといって特徴のない、単調な
Places!位置について!、さあ行くよ!

対訳)
いままでのさえない人生のなかで経験したことは全部忘れて。
これが今からする一番大切なことなんだから。位置について!

スポンサーリンク

シーズン1第3話の音楽の解説

今回取り上げられた曲について紹介していきますよ!

music

今回の曲リスト

曲リスト
COUNTDOWN SINGERS - For He's a Jolly Good Fellow
Montell Jordan - This Is How We Do It
Bell Biv DeVoe - Poison
Duffy - Mercy
Jazmine Sullivan - Bust Your Windows
Color Me Badd - I Wanna Sex You Up

勝手におすすめ!特にここを聴いてほしい

今回は3曲ピックアップしました。

COUNTDOWN SINGERS - For He's a Jolly Good Fellow(Acafellas)

アカフェラス結成のきっかけとなる曲です。
誰かめっちゃ音外している人がいる気がするのですが、それは置いておいて(笑)

この曲ですが、実は海外ではかなり馴染みのある曲だそうで、19世紀の半ばくらいから歌われているそうです。
「彼はいい人ですよー」と歌っている歌なので、お祝い事であればシーンを選ばないようですね。
誕生日に歌われる”Happy Birthday to You”と並んで意外に有名な曲なのでした。

adrenaline

Duffy - Mercy(Vocal Adrenaline)

New Directions!のライバルVocal Adrenalineの登場シーンの曲です。
Vocal Adrenalineって名前すごいですよね、いかにも強そう(笑)

元の曲はSATCの挿入歌だそうです。

Color Me Badd - I Wanna Sex You Up(新生?Acafellas)

タイトルがアレ(歌詞もアレ)なのですが、ウィルとパックのカッコよさが引き立つ曲になっているので外せませんでした(笑)
まあ、Acafellasの回だし、いいでしょう。
Color Me Baddにとってはデビューシングルで大ヒットした曲になっていて、New Jack Swingの代表曲でもあります。
売れた曲ではあるのですが、歌詞が歌詞なだけに評価はあんまり高くないようですね(笑)
サンディーが「あの歌を歌うの?」って言っていたのはこういうわけでした。

まとめ

今回はウィルがアカフェラス結成をきっかけに自分の夢を思い出す回でした。

年齢制限があるものを除けば、何かを始めるのに遅すぎることってないと私も思います。
名言を引用して置いておきます(笑)

最後までご覧いただきありがとうございました!

It’s never too late to be who you might have been.
なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない
-ジョージ・エリオット(イギリスの作家)

 

スポンサーリンク
えいごログ運営陣による英語学習教室のご紹介です

ポム英語学習教室は、大田区西馬込駅から徒歩1分の場所に位置しています。小学生から社会人までの英語学習をサポート致します。遠方の生徒さんでもオンラインで対応可能です。

pom

小学校・中学校の英語学習先取り/定期テスト対策/受験対策や、英検対策/TOEIC対策/IELTS対策など各種資格試験の対策も充実!やる気を引き出して丁寧に指導します。

電話:03-4500-8506
※生徒受付専用ダイヤルです。業者からの営業のお電話は固くお断り致します。

住所:東京都大田区南馬込5-40-5 テワンビル2F

この記事を気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事