1000_hm

こんにちは、みるです。

英語学習者の皆様なら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

そうです、今回はアルクの通信講座「1000時間ヒアリングマラソンの評判を検証してみました!

どんなものなのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

では、早速「1000時間ヒアリングマラソン」の内容を見ていきましょう!

目次から気になる項目を選択していただくとその部分にジャンプします。

1000時間ヒアリングマラソンとは

runnning

1000時間ヒアリングマラソンと聞くと、皆さんはどんなイメージをお持ちですか?

私は当初、
「ずっと英文をひたすら聴くのかなあ」、
「眠くなっちゃいそうだなあ」
と思っていましたが、そんなことはありませんでした!

1000時間ヒアリングマラソンは、一言で言うなら
自分のペースで自分の弱点を克服できる」プログラムです。

1000時間ってなんの時間?

1000hour

まず、タイトルについている1000時間が気になる方が多いと思います。

これはなんの数字なのかというと、アルクが考える「英語を英語のまま理解する」のに必要な時間です。

英語上達への近道は、「日本語を経由しないこと」です。
テストで英文を読み聴きするとき、一旦日本語に直してから理解する方が多いと思います。
でも、日本語で考えるクセが付いてしまうと、実際に自分が話す時に日本語から考えてしまい、スムーズな会話が難しくなってしまいます。

そこで、一定時間の英語学習を自分のペースで続ける=「マラソンする」をコンセプトに作られたシリーズがこの1000時間ヒアリングマラソンです。

具体的には何をすればいいの?

to do

アルクが推奨する1000時間ヒアリングの達成方法は、1年間で1000時間です。
単純計算すると1日約2.7時間
結構長いと感じる方も多いかと思います。

しかし、これにはいわゆる勉強だけでなく楽しく英語を聴いた時間も含まれます。
例えば、英語の動画やニュース、ラジオ番組、オンライン英会話、海外ドラマなど。
もちろん、単語の勉強や発音練習などもカウントして構いません。

どうですか?少し気が楽になりましたか?

そして、ヒアリングマラソンではメインで使用する教材が2つあります。

1000時間ヒアリングマラソン マンスリーテキスト(音声付き)
※付属していたCDは、音声に変更になりました。受講者の方は「テストコ」からダウンロードできます。

ENGLISH JOURNAL(CD1枚付き)

これらの教材は毎月上旬に届くようになっています。
教材が届いたら学習計画を立て、普段の学習と併せてマラソンをしていきます。
この学習計画を立てる時に、自分の伸ばしたい部分、苦手な部分をきちんと把握しておくのが大切です。

特徴と評判・その検証

magnifying

ここでは、1000時間ヒアリングマラソンの特徴・評判・疑問とそれに対する私の個人的な評価を紹介していきます。

Aさん
自分のやりやすい方法で学ぶことができます!
電子版や音声ファイルのダウンロードも可能なので、紙媒体での持ち運びが難しい場合も学習可能なのが◎

みる
テストコやALCOなど、他の媒体でも学習できる工夫がなされていると感じました。
すきま時間に学習できると数時間もそれほど苦ではないと思います。

Bさん
毎月送られてくるマンスリーテキストやENGLISH JOURNALの内容は?
勉強ばかりなのでしょうか?

みる
そんなことはありませんでした。
話題が豊富でいろいろな視点・切り口の英語を学ぶことができます。
英語を使った職業をされている方のインタビューもあり、興味深かったです。

みる
英語自体もいわゆる英会話のテキストのようなしっかりした英会話から、自然な会話、インタビュー、ニュースなどスピード/トーン/明瞭さなどが異なる英語を体感できました。
flowers

Cさん
内容が難しいと聞いたことがあるのですが...

みる
使い方次第だと思います。
問題を解くところには難易度表示があり、自分のレベルに合わせて選択できるようになっています。また、自分の興味のある分野であれば、少し背伸びして高難易度のものにチャレンジしてみるのも英語上達への近道なのではないでしょうか。

みる

また、ALCOを使うと英文のスピード調節もできます。レベルに応じて活用したいですね。慣れてきたら単語の意味をチェックせずにいきなりリスニングをやってみるなど自分でいくらでも工夫ができる教材だと感じました。

Dさん
1ヵ月で2つの教材をメインにすすめていくということですが、ボリュームはどうですか?

みる

正直、教材の隅から隅までを受講スタートからやり切るのはボリューム的にも難易度的にも大変だと思います。

だからこそ、自分のレベルや苦手なところを把握して、目標にあった学習計画を立てることが教材を一番有効利用できると考えます。
教材は紙媒体として残っているので、たとえ今のレベルではできないところがあったとしても、またあとでやり直すことができます。

みる

全てをやりきろうとせずに、自分に必要なことを意識し、楽しく継続することを優先してはいかがでしょうか。

1000時間ヒアリングマラソン詳細はこちらから!

使用する教材

ここからは1000時間ヒアリングマラソンのメイン教材のマンスリーテキストとENGLISH JOURNALを詳しく見ていきます。

今回は2019年1月号の教材を例にしています。

マンスリーテキスト

hmtext

マンスリーテキストは、いろいろな学習方法が詰まったテキストになっています。
初心者の方は、まずは難易度が低いものからチャレンジしてみましょう。

メインの内容
「マンスリーテキスト」は、いわゆる英会話テキストのような会話、生の英語、インタビュー、ニュース、物語、映画のワンシーンなどなど、それぞれのコーナーでいろいろな場面の英語を聞くことができます。
単なる英語だけでなく、文化にも触れることができるのが嬉しいですね。
このいろいろな場面の英語を題材にして、おすすめの学習方法が「STEP」として提示されています。全てのステップをこなす必要はなく、自分で必要だと思ったものをチョイスしましょう。

もちろんリスニングが中心なのですが、「自分だったらどう言うか」「今聞いた英文が正確に書き取れるか」「この単語知らなかった!」など4技能を鍛えるのにも役立つコンテンツが満載です。

私が驚いたのはコーナー間でのSTEPでやることの重複が少なく、パターン化されすぎていないことです。
その教材に合ったSTEPが用意されているので飽きずにポイントを押さえながら学習できます。
発音や単語など
発音コーナーがあり、当月に注意する発音がわかりやすく解説されています。
文章の中だとどうしてもなんとなく発音できたように感じてしまいますが、単語ベースで発音を確認する機会もまた必要ですね。
単語については、それぞれの教材のところで解説があるほか、重要なものについてはさらに巻末で「今月のワード&フレーズ」としてまとまっています。日→英、英→日のどちらの方向にも対応しており、例文も載っているので定着しやすいです。
語彙力アップにも一役買ってくれそうですね。
quiz
応募しよう
以下の2つの企画は応募期間が決まっています。
これらも含めて学習計画を立てましょう。
ディクテーション・コンテスト
書き取った英文を締切までに送り、パーフェクトを目指します。
テキストの中で2ヵ月後に正解が発表されます。
間違えやすいポイントの解説もあるので、自分の解答と見比べて復習しましょう。
成績優秀者には景品もありますよ!
マンスリーテスト HEMHET
力試しのテストです。
音声を1回だけ聞いて、答えを提出します。
形式としてはTOEICに近いので、練習にもなると感じました。
忙しくても、これだけは必ず提出する!という方も多いようです。

ENGLISH JOURNAL

EJ

2019年1月号のENGLISH JOURNALの表紙は、映画『アリー/スター誕生』からレディー・ガガとブラッドリー・クーパーのワンシーンです。素敵ですね。
マンスリーテキストの表紙はシンプルですが、ENGLISH JOURNALはあくまで雑誌なので表紙は素敵な写真ばかりです。2冊のコントラストがまたいいな、と思いました。

ENGLISH JOURNALは雑誌パートと学習コーナー、お知らせ等の情報コーナーに分かれています。
さまざまなジャンルの話題や特集が組まれているので、興味のあるものから読み物として取り組んでみてもいいかもしれません。
特集
雑誌パートの「特集」では、英語そのものというより、英語学習の土台の強化や応用につながるような話題が取り上げられているように感じました。
英語学習の方法を見直したり、英語学習のその先でできることを知ったりできるので、間接的ではあるものの英語を継続して学んでいくうえで役立つコンテンツだと感じました。
学習コーナー
学習コーナーでは難易度が表示されています。好きなところから取り組んでみるのがおすすめです。
インタビュー、エッセイ、ニュースなど異なる種類の英語に触れることができます。スクリプト、内容理解クイズ付きなので、聞きっぱなしでなんとなく「理解したつもり」になるのを避けられますよ。
その他のコーナー

人気コーナーは、ある「モノ」の自己紹介を聞いて、クイズに答える "Mystery Speakers"。全問正解目指してチャレンジしてみませんか?

巻末には当月の重要単語がまとめられています。日→英、英→日のどちらの方向にも対応しており、例文も載っているので定着しやすい作りになっています。

費用

costs

ここからは気になる費用を見ていきます。

各コースの内容と費用

1000時間ヒアリングマラソンは大きく分けて2つのコースがあります。

受講料(税込) 1ヵ月あたり
12ヵ月コース ¥53,784 ¥4,482
6ヵ月コース ¥30,240 ¥5,040

どちらのコースでも1ヵ月あたり約5000円で受講できます。
いきなり1年はちょっと...という方は6ヵ月コースもあります。

12ヵ月コースはだいぶお得な感じですね。
1000時間ヒアリングマラソン詳細はこちらから!

毎月25日が締切で、それまでに申し込むと翌月9日までに初回の教材が届きます。

おすすめポイント

choice

ここからはおすすめの使い方や1000時間ヒアリングマラソンをおすすめしたい人についてまとめました!

こんな使い方がおすすめ

今回ヒアリングマラソンを体験してみて、以下のような方法がおすすめだと感じました。

みるのおすすめ勉強法

●自分の弱点、伸ばしたいところをまず把握

●学習計画をきっちり立てる
※忙しい人は余裕を持った計画を。続けるのが大事。

●自分の好きなコーナーを見つける

●余裕のある時に背伸びしてみる

●自分の弱点を伸ばせるようなリスニング学習法をチョイスする
※マンスリーテキストにシャドーイングなどのインストラクションが掲載されています!

●すきま時間も有効活用する。でも勉強だと思いすぎない。

こんな人におすすめ

以上の点を踏まえて私が1000時間ヒアリングマラソンをおすすめしたい方は以下のような方です。

1000時間ヒアリングマラソンをおすすめしたい人
・英語学習を習慣化したい人
・自分の英語の弱点が明確にある人
・いろんな英語を学びたいけど、それがまとまっていたら楽だなあと思う人
・いろいろな世界や業界の話題に興味を持てる人
・1つの教材をじっくりやって、着実にステップアップしたい人
・計画を立てて実行するのが得意な人

まとめ

今回は1000時間ヒアリングマラソンについて紹介しました。
内容が本当に充実しているので、英語にたくさん触れる選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

1000時間ヒアリングマラソン詳細はこちらから!

えいごログ運営陣による英語学習教室のご紹介です

ポム英語学習教室は、大田区西馬込駅から徒歩1分の場所に位置しています。小学生から社会人までの英語学習をサポート致します。遠方の生徒さんでもオンラインで対応可能です。

pom

小学校・中学校の英語学習先取り/定期テスト対策/受験対策や、英検対策/TOEIC対策/IELTS対策など各種資格試験の対策も充実!やる気を引き出して丁寧に指導します。

電話:03-4500-8506
※生徒受付専用ダイヤルです。業者からの営業のお電話は固くお断り致します。

住所:東京都大田区南馬込5-40-5 テワンビル2F

この記事を気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事