Philippines

こんにちは、みるです。

英語を学ぶために思い切って語学留学したい!というあなた。

語学留学先の国として最近話題なのがフィリピン、特にセブ島ですよね。

今回は、フィリピンへ語学留学を考えているあなたに、セブ島を含めたおすすめ都市や気になる費用、必要なビザの種類、フィリピン留学のメリット・デメリットをご紹介します。

☆他の地域への留学についての情報はこちらから!

フィリピンへ語学留学!

早速、フィリピン留学に必要な情報をご紹介していきます。

study_abroad

フィリピンの語学学校の特徴

まずは、フィリピンの語学学校にはどんな特徴があるのか調査してみました。

・語学学校の数が多い
マンツーマンレッスンが主体
・スパルタ式の学校も存在!?
・授業のコマ数が多い

一つずつ解説していきます。

features

語学学校の数が多い

フィリピンは語学学校がものすごく多いです。
そのため、規模や受講できるコースなどもさまざま。
自分に合ったコースを見極める必要があります。

マンツーマンレッスンが主体

他の国への留学だと10人前後のグループレッスンが主流です。
しかし、フィリピンではマンツーマンレッスンが主体のコースが非常に多いのが特徴です。
スピーキング力をつけたい人におすすめです。

spartan

スパルタ式の学校も存在!?

スパルタ式の学校があることでも有名です。

・1日10時間以上の授業時間
・毎日テストがある
・平日の外出は禁止
・母国語で話すことは禁止
・自習をしなければいけない時間が決められている

など、厳しい条件がずらり。
授業時間以外に予習復習もする必要があるので、実質1日中英語漬けです。

さすがにもう少し余裕をもって過ごしたいという方にはセミスパルタ式や普通のコースもあります。

授業のコマ数が多い

詳しい費用についてはまたのちほどお話ししますが、フィリピンへの語学留学は他の国に比べて授業料が低いことが特徴です。
また、さらに授業のコマ数が多いので安いうえにお得なのが大きなメリットです。

フィリピンのおすすめ都市は?

フィリピンの留学先のおすすめ都市8つを紹介します。
まずは一覧をどうぞ。

cities

それぞれの都市に特徴があるので、フローチャートを作ってみました!
あなたにピッタリの都市を見つけましょう♪

cities

気になる都市は見つけられましたか?
では、それぞれの都市の特徴を見ていきましょう。

beach

フィリピン留学といえばここ!
セブ島
・フィリピンの語学留学先としてダントツの知名度、豊富な学校数
・リゾート地で、週末のアクティビティも充実
・日本人が経営する学校が多い
・日本人留学生が多いので、留学な不安な人にも安心
スポーツも一緒に楽しめる
ダバオ
・台風の被害が少なく、天候が安定している
・戦前、日本人移民がこの地で大規模な農業を行っていたことから日本とのつながりがある
・以前は治安が非常に悪かったが、近年の政策で治安は劇的に回復している
・ダイビング、ゴルフ、乗馬など多岐にわたるスポーツが楽しめる
ドゥマゲテ(ドゥマゲッティ)
・学園都市で若者が多い
・自然が多く、ダイビングも楽しめる
manila
学習環境の整備に最適!
バギオ
・高原都市で、避暑地
・雨季の降水量が多い
・スパルタ式の学校が多い
・山が好きな人におすすめ
・治安が良い
バコロド
・留学生が少ないので英語で話す環境を作りやすい
・雨季があり、8月&9月には豪雨も
タルラック(ターラック)
・遊びが少ないので集中して勉強したい人におすすめ
・物価が安い
・治安が良い
生活しやすい
クラーク
・米軍基地の名残で欧米人講師が多い
・ショッピング等も楽しめ、暮らしやすい

・経済特区

マニラ
・インフラが整備されており、生活しやすい
・日本人留学生が少ないので勉強にしゅうちゅうできる
・経済、政治、文化の中心地
・ビジネスエリアは治安が比較的良い

気になる費用は?

money

フィリピン留学は他の国への留学と比べると費用が安く済む、と説明しましたが、具体的にどれくらいの予算を想定しておけばいいのでしょうか。

ちなみに、滞在先としては寮がメインです。
寮の設備や部屋の条件によって滞在費が大きく変わるケースもあるので、費用を押さえたい場合は語学学校を選ぶときに確認してみてくださいね。
以下で紹介する費用は複数人部屋を想定しています。

 

1週間の場合

項目 1週間留学したときにかかるお金の目安
語学学校の授業料・滞在費 約5~7万円
航空券代(片道) 約1.5~5万円
生活費 約1万円
海外旅行保険料 約0.5万円
各種申請費 約1.5万円
その他 入学金、教材費、タクシー代など

1週間の留学の費用のめやすは約12~20万円です。

1ヵ月の場合

項目 1ヵ月留学したときにかかるお金の目安
語学学校の授業料・滞在費 約15万円
航空券代(片道) 約1.5~5万円
生活費 約2万円
海外旅行保険料 約1~2万円
各種申請費 約1.5万円
その他 入学金、教材費、タクシー代など

1ヵ月の留学の費用のめやすは約23~30万円です。

flower

3ヵ月の場合

項目 3ヵ月留学したときにかかるお金の目安
語学学校の授業料・滞在費 約40万円
航空券代(片道) 約1.5~5万円
生活費 約5万円
海外旅行保険料 約5~7万円
各種申請費 約4.5万円
その他 入学金、教材費、タクシー代など

3ヵ月の留学の費用のめやすは約60~75万円です。

6ヵ月の場合

項目 6ヵ月留学したときにかかるお金の目安
語学学校の授業料・滞在費 約80万円
航空券代(片道) 約1.5~5万円
生活費 約10万円
海外旅行保険料 約10万円
各種申請費 約6.5万円
その他 入学金、教材費、タクシー代など

6ヵ月の留学の費用のめやすは約115~125万円です。

flowers

1年の場合

項目 1年留学したときにかかるお金の目安
語学学校の授業料・滞在費 約150万円
航空券代(片道) 約1.5~5万円
生活費 約15万円
海外旅行保険料 約20万円
各種申請費 約12万円
その他 入学金、教材費、タクシー代など

1年の留学の費用のめやすは約205~215万円です。

ビザは必要?申請方法は?

ここでは、フィリピン留学に必要な申請やビザについてまとめます。

まずは、期間別に必要な申請をチェックしましょう。

期間
/申請
SSP ACR-I
Card
ECC 観光ビザ/
短期渡航
者用ビザ
30日以内 必要 必要
30日以上
59日以内
必要 必要
60日以上
89日以内
必要 必要 必要
(延長)
90日以上
119日以内
必要 必要 必要
(延長)
120日以上 必要
(延長)
必要 必要 必要
(延長)

※地域によっては必要な場合あり

paperwork

SSP

Special Study Permitの略です。
滞在期間にかかわらず、フィリピンで語学学校へ留学する場合などはこの申請が必要です。

フィリピンでの申請です。2通りあります。
①入国管理局のスチューデント・デスクで申請
②留学先の語学学校を通じて申請
ほとんどの場合は②で語学学校が代行してくれるところが多いので、学校が決まったら確認してみると良いでしょう。

有効期間が半年なので、それ以上の滞在には更新が必要です。
また、申請した1校のみが有効です。

費用は約1.5万円です。
※代行すると言って実際は申請をしていなかったり、高額な請求をするケースもあるので注意してください。

必要書類
①自分で申請する場合
・英文の戸籍謄本
・英文の銀行残高証明書
・証明写真(パスポートサイズ、写真3~5枚)
・パスポート
②語学学校が代行する場合
・証明写真
・パスポート
chart

ACR-I Card

Alien Certificate of Registration Identity Cardの略です。
60日以上滞在する場合、マニラ地域ではSSPを取得する人すべてに必要です。
※留学先によって条件が異なる場合がありますので必ず語学学校に確認してください。

費用は約7000円
SSPと同様に、語学学校が申請の代行をしてくれることが多いです。

ECC

半年以上フィリピンに滞在した場合は、出国の時にECCが必要になります。
有効期限は1ヵ月です。
移民局での申請が必要で、数日かかることもあるので、計画的に申請してくださいね。

必要書類
・2 cm×2 cmの証明写真4枚
・ACR-I Cardのコピー(表裏)
・費用(約1000~2000円)
・パスポートの以下のページのコピー
①写真があるページ
②最新入国日のスタンプがあるページ
③最新のビザ延長のスタンプがあるページ
apply

観光ビザ&短期渡航者用ビザ

30日以内の滞在であれば観光ビザ、31日以上59日以下の滞在であれば短期渡航者用ビザを取得します。
それ以上の滞在の場合は、ビザを延長申請します。

これも語学学校が対応してくれるので、本人の手続きは不要です。

観光ビザは一度出国してしまうとリセットされてしまうので、延長した直後に一時帰国してしまったりするとちょっともったいないです。

※学生ビザ

大学・大学院に留学する場合はこちらのビザです。
語学学校への留学には適用されません。

※在留届

海外に3ヵ月以上滞在する方は申請が義務付けられています。
日本の法律で決められています。
特に罰則はありませんが、万が一災害などがあった場合に安否確認がしやすいので申請しておくことをおすすめします。
申請方法はいくつかありますが、ウェブで申請することができます。

フィリピン留学のメリット・デメリット

sea

では、ここまで出てきたフィリピン留学のメリット・デメリットをまとめます。

フィリピン留学のメリット
・費用を抑えることができる!
・みっちり勉強できる
・マンツーマンレッスンが主体のレッスンを受けることができる
フィリピン留学のデメリット
・治安要注意なところはまだ多い
・良い語学学校の見極めが必要
効果が出るのはやはり予習復習がちゃんとできてこそなので、それができるような語学学校やコースを選んでみてくださいね。

フィリピンの豆知識

flag

国名
フィリピン共和国

国旗
4色からなる国旗です。
色にはそれぞれ以下のような意味があります。
白色:平等と友愛
青色:平和、真実と正義
赤色:勇気と愛国心
黄色(太陽):自由

manila

首都
マニラ

政治体制
大統領を元首とする共和制国家

公用語
フィリピン語と英語
公用語の他にたくさんの言語が存在します。

治安
都市部では治安が悪い場所もあります。
スリ、置き引きなどの軽犯罪がいまだに多い地域もあるようです。
用心に越したことはないので気を付けましょう。
どの国でもそうですが、都市部よりも田舎の方が治安が良い印象です。

jeepney

乗り物
タクシーやジプニーが主流です。
タクシーではぼったくりもあるようなので、メーターが押されているか、金額が相場前後かを確認するようにしましょう。
空港やホテルでは割高でも安心して乗車できるタクシーもあります。

ジプニーは乗り合いタクシーです。
距離に関係なく7ペソ(約20円)を支払うのがスタンダードなようです。

チップの相場
チップ文化の影響を受け、チップが必要な場合があります。

レストラン
サービス料が上乗せされている場合は不要
ホテル内や高級レストランでは机の上に20~50ペソくらい

ホテル
ポーターに20ペソ
ルームサービス・ベッドメイキングの人に20~50ペソくらい

タクシー
基本的にチップ不要
キリのいい金額を出しておつりは取っといて、とする方もいるようです。

地域差もありますが、上限は50ペソと覚えておくといいですね♪

まとめ

今回はセブ島が話題のフィリピンへの語学留学についてご紹介しました。
セブ島以外にも特徴のある都市がたくさんありましたね。
フィリピン留学のメリット・デメリットを充分に理解して、自分に合った学校を見つけてください!
また、申請類は滞在日数によって種類が変わるので、語学留学を決めたら計画をしっかり立てましょう♪

☆他の地域への留学についての情報はこちらから!

えいごログ運営陣による英語学習教室のご紹介です

ポム英語学習教室は、大田区西馬込駅から徒歩1分の場所に位置しています。小学生から社会人までの英語学習をサポート致します。遠方の生徒さんでもオンラインで対応可能です。

pom

小学校・中学校の英語学習先取り/定期テスト対策/受験対策や、英検対策/TOEIC対策/IELTS対策など各種資格試験の対策も充実!やる気を引き出して丁寧に指導します。

電話:03-4500-8506
※生徒受付専用ダイヤルです。業者からの営業のお電話は固くお断り致します。

住所:東京都大田区南馬込5-40-5 テワンビル2F

この記事を気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事