brand

海外旅行で自分の過失ではないのに、荷物が壊されてしまった!盗まれてしまった!

あなたもそんな経験ありませんか?私もこれまで経験なかったのですが、今回の旅行で初めてスーツケースを壊されました…。

幸いにもクレジットカードの付帯保険に海外旅行保険があったので、使ってみることにしました。この記事は初めてクレジットカードの付帯保険を使う人のために、その方法についてわかりやすくまとめています。

私の例 〜パリでスーツケースを壊される〜

luggage

まず私自身のケースをご紹介します。私の場合は、10000円程度で購入したスーツケース(約7年間使用)の脚部がパリの空港に着くと壊されてました。飛行機を降りて、荷物を受け取ったら、スーツケースが斜めになっていて、あれ??となって、調べてみると脚の部分が折れてました\(^o^)/

日本に帰ってきてから電話をすると、保証の上限金額は5000円(上限金額は、購入から5年以上が経過していた場合、購入金額の半額程度が相場。)で、免責金額が3000円あるので、保証できるのは2000円と言われました。

なお、見積書を出せば上限一杯でもらえますが、手間もかかるので、簡易査定が楽でおすすめ。今回のケースでは、簡易査定であれば、4000円の保証で、免責を引くと保証もらえるのは1000円のみ…ですが、今回は勉強と思って保険を請求してみました。

保険金を請求する場合は、まずカード会社に電話します。私はエポスカードユーザーなので、エポスに電話しました。(※初回の連絡は帰国後3ヶ月以内に報告すること!)

電話して必要な事項を告げると、必要な書類とその書き方が送られてきます。書類が届くまでに1週間程度かかります。送られてきた書類を返送すると、1週間もかからないくらいで保険会社からの手紙が来て、同時に銀行口座に保証金が振り込まれます。

対応は結構スピーディーで、支払いもすぐにやってもらえました!

現地で必要な対応

seal

私の場合は、荷物の破損だったので、Baggage Claim(手荷物受取所)で事故証明書を発行してもらおうとしましたが、「LCCだから保険使いたかったら、自分で航空券の半券とか見せて対応してね」と言われ、証明書を発行してもらえませんでした!証明書がなくても、一緒にいった友人の証明があれば適応できますので、最後まで諦めないようにしましょう。

なお、盗難の場合は、現地の警察に届け出る必要があります。注意しましょう!

保険金請求書の到着と記入方法

保険金請求用の書式は、以下のような封筒に入って届きます。エポスカードの場合、保険会社は三井住友海上になります。

送られてきた封筒の中身を開けると、表面に案内が書かれた請求書の書式と、返信用の封筒が同封されています。

※案内文は個人情報を除いています。

私はスーツケースが破損したので、スーツケースの写真を添付することと書かれています。また免責は3000円でした。

返信用封筒は切手代が要らないようになっています。この封筒で必要な書類を送るだけです。

海外旅行の保険金請求書の見本は以下の通りです。指定されたとおりに記載していきます。

クレジットカードの場合、連絡してから送られてくる保険金請求書の原本に「契約内容(証券番号/契約者名)」は記載がされています。

今回は、携行品が破損してしまったので、携行品損害事故内容報告書を添付します。警察への届け出をしていなかった、または何らかの事情があって証明をもらえなかった場合は、家族以外の第三者による証明が必要です。同行者いない場合はどうするのでしょうかね…?

ちなみに私は欧州のLCCで有名なeasyjetに搭乗して、スーツケースの脚部を壊されました。すぐにbaggage claimで壊されたことと、証明をもらいたいとの報告をしましたが、easyjetでは一切の証明をしていないと言われました。保険金請求したかったら、自分で搭乗券コピーして自分で説明してくれというスタンスでした。それを言わせるためだけに、なぜbaggage claimに2人も配置していたのか意味がわかりません。

baggage claimは「手荷物受取所」です。claimは「(正当なことを)主張する」という意味で、日本語のクレームは間違った使い方をされています。知らなかった方は覚えておくと便利ですよ!

なお、パスポートも必須書類なのですが、電子化で日本の出入国スタンプは押されなくなっていました。仕方がないので、自分の写真が載っているページだけをコピーして送付しました。

送付書類一覧

実際に私が送付した書類の一覧です。できるだけ詳しく伝えたほうがいいかなという思いもあって、不要かもなと思うものについても併せて送付しました。

送付書類
・保険金請求書(必須)
・携行品損害事故内容報告書(必須)
・旅程表(必須)
・パスポートの写し(必須)
・事故の様子が分かる写真複数枚(必須)
・事故が起きた時に搭乗していた便の航空券原本(不要かも)
・事故が起きた時に搭乗していた便の手荷物コード原本(不要かも)

なお、私は簡易申請だったので不要でしたが、保険金を上限額いっぱいもらいたい場合は、修理にかかる費用の見積書の提出や購入時のレシートなども送付が必須となります。

なお、見積書の取得にかかった費用は保険の対象外です。ご注意下さい。

保険金納金

書類送付から1週間足らずで、保険会社から手紙が届き、保険金が支払われた旨の案内がありました。

エポスカードの場合、お支払いの上限金額は20万円までです。免責の3000円分も引かれます。私の場合、金額が少なかったこともあるのか、特になんの連絡もなく保険金が支払われました。

カード会社の保険は、契約者がカード会社になっています。ですので、保険金を請求しようと思ったらまずはカード会社に連絡しないと必要な情報が記入できません。意外と知らない点かと思いますので、注意してくださいね。

まあ、今回は7年前に購入したスーツケースだったので、1000円もらえただけでも感謝ですかね。

スポンサーリンク
えいごログ運営陣による英語学習教室のご紹介です

ポム英語学習教室は、大田区西馬込駅から徒歩1分の場所に位置しています。小学生から社会人までの英語学習をサポート致します。遠方の生徒さんでもオンラインで対応可能です。

pom

小学校・中学校の英語学習先取り/定期テスト対策/受験対策や、英検対策/TOEIC対策/IELTS対策など各種資格試験の対策も充実!やる気を引き出して丁寧に指導します。

電話:03-4500-8506
※生徒受付専用ダイヤルです。業者からの営業のお電話は固くお断り致します。

住所:東京都大田区南馬込5-40-5 テワンビル2F

この記事を気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事