【ビッグバンセオリー】英語でドラマ!TBBTシーズン1第2話を解説!

今回はビッグバンセオリーシーズン1の第2話を解説しています。ビッグバンセオリーは、オタク(nerd)な青年レナードとシェルドンの2人の隣の部屋にブロンドで美人なペニーという女の子が引っ越してきたことから始まるシュチュエーションコメディー(シットコム)です。

動画配信サービスでは、海外ドラマも豊富に取り揃えられていますが、そのうちの一つがビッグバンセオリーです。

以下の記事でも紹介されています!

なお、できるだけネタバレしないように解説しますが、解説の都合上どうしてもネタバレせざるを得ない場合もありますので、ご了承下さい。

潔癖症と散らかった部屋の法則

第2話ではさっそくペニーにレナードたちは良いように使われ始めます。しかし、シェルドンのある性格のせいでとんでもないことになってしまう回です。

ピーナッツアレルギーのシーン

peanuts

ピーナッツアレルギーのハワードが、ピーナッツ油を怖がるシーンから物語がスタートします。

Leonard: There you go, Pad Thai, no peanuts.
Howard: But does it have peanut oil?
Leonard: Uh, I’m not sure, everyone keep an eye on Howard in case he starts to swell up.
Sheldon: Since it’s not bee season, you can have my epinephrine.
Raj: Are there any chopsticks?
Sheldon: You don’t need chopsticks, this is Thai food.
Leonard: Here we go.
Sheldon: Thailand has had the fork since the latter half of the nineteenth century. Interestingly they don’t actually put the fork in their mouth, they use it to put the food on a spoon which then goes into their mouth.
Leonard: Ask him for a napkin, I dare you.I’ll get it.
Howard: Do I look puffy? I feel puffy.

swell up:膨れる、腫れ上がる
epinephrine:アドレナリン(蜂さされ用の薬。急激なアレルギーショックの治療に用います。)
I dare you.:やってみろ(決まり文句)

箸がないといったラージにシェルドンがなぜ箸を用いないのか力説します。シェルドンにはスイッチが入ってしまうと持論を話し始めてしまう厄介な一面があります。

シェルドンの力説に対してレナードが言う "I dare you." はネイティブがよく使う重要表現です。「(できるものなら)やってみろ」というニュアンスがあります。そして、ハワードはまだアレルギーを起こしていないかを心配しています。

ペニーに頼み事をされるシーン

この回のキーとなる頼み事がペニーから話されます。

Penny: Sounds like you have company.
Leonard: They’re not going anywhere. So, you’re coming home from work. That’s great. How was work.
Penny: Well, you know, it’s the Cheesecake Factory. People order cheesecake, and I bring it to them.
Leonard: So, you sort of act as a carbohydrate delivery system.
Penny: Yeah, call it whatever you want, I get minimum wage. Yeah, anyways, I was wondering if you could help me out with something, I was….
Leonard: Yes.
Penny: Oh. Okay, great, I’m having some furniture delivered tomorrow, and I may not be here so… Oh! Hello!
(Howard speaks Russian.)
Penny: I’m sorry?
Howard: Haven’t you ever been told how beautiful you are in flawless Russian?
Penny: No, I haven’t.
Howard: Get used to it.
Penny: Yeah, I probably won’t, but… Hey Sheldon.
Sheldon: Hi.
Penny: Hey Raj! Still not talking to me, huh?
Sheldon: Don’t take it personally, it’s his pathology, he can’t talk to women.
Howard: He can’t talk to attractive women, or in your case a cheesecake–scented Goddess!
Leonard: So, there’s gonna be some furniture delivered?
Penny: Yeah, yeah, if it gets here and I’m not here tomorrow could you just sign for it and have them put it in my apartment.
Leonard: Yeah, no problem.
Penny: Great, here’s my spare key. Thank you.

a carbohydrate delivery system:炭水化物運搬システム(体の中で炭水化物を運搬する機能に例えたインテリのレナードらしい表現です。)
flawless:完璧な(flawが欠点の意味で、欠点がないので"flawless"となります。)
pathology:病気、異常行動(-logyは学問の意味を持つ語に多い接尾辞です。)
Goddess:女神、絶世の美女

ペニーとレナードが話していると、気になったみんなが話に入ろうとしてきます。ペニーが不在のタイミングでアパートに荷物が届くので、運んでおいてもらえないかと聞かれ、二つ返事でOKと言ったレナード。ペニーの部屋のスペアキーをゲットします。

ペニーの部屋に入るシーン

sneak

届いた荷物を何とか4階まで運んだレナードたちはついにペニーの部屋に入ることになります。

Sheldon: Watch your fingers. Watch your fingers. Oh God, my fingers!
Leonard: You okay?
Sheldon: No, it hurt… Great Caesar’s Ghost, look at this place?
Leonard: So Penny’s a little messy.
(中略)
Leonard: Come on, we should go.
Sheldon: Hang on.
Leonard: What are you doing?
Sheldon: Straightening up.
Leonard: Sheldon, this is not your home.
Sheldon: This is not anyone’s home, this is a swirling vortex of entropy.
Leonard: When the transvestite lived here, you didn’t care how he kept the place.
Sheldon: Because it was immaculate, I mean, you open that man’s closet, it was left to right, evening gowns, cocktail dresses, then his police uniforms.
Leonard: What were you doing in his closet?
Sheldon: I helped run some cable for a webcam.
Penny: Hey guys.

Great Caesar’s Ghost:驚いた("Great God!"などと同じ感嘆表現です。)
messy:(部屋などが)散らかった
straighten up:片付ける、身なりを正す
swirling:渦を巻く
vortex:渦、渦巻
entropy:エントロピー、無秩序
immaculate:汚れていない、完璧な

ペニーの部屋はちょっと散らかっていたようです。それを見た潔癖症のシェルドンはペニーの部屋を片付けないと気がすまなくなってしまいます。止めようとするレナードと話している最中にペニーが帰ってきて一件落着かと思いきや…

ペニーの部屋に入るシーン2

sneak

ペニーの部屋に入るシーンがもう一度出てきます。

Leonard: Sheldon!
Sheldon: Penny’s sleeping.
Leonard: Are you insane? You can’t just break into a woman’s apartment in the middle of the night and clean.
Sheldon: I had no choice. I couldn’t sleep knowing that just outside my bedroom was our living room, and just outside our living room was that hallway, and immediately adjacent to that hallway was… this.
Leonard: Do you realize that if Penny wakes up, there is no reasonable explanation as to why we’re here?
Sheldon: I just gave you a reasonable explanation.
Leonard: No, no. You gave me an explanation. Its reasonableness will be determined by a jury of your peers.
Sheldon: Don’t be ridiculous. I have no peers.
Leonard: Sheldon, we have to get out of here.
Sheldon: You might want to speak in a lower register.
Leonard: What?
Sheldon: Evolution has made women sensitive to high pitched noises while they sleep, so that they’ll be roused by a crying baby. If you want to avoid waking her, speak in a lower register.
Leonard: That’s ridiculous.
Sheldon: No, that’s ridiculous.(in a lower voice)
Leonard: Fine. I accept your premise, now please, let’s go.
Sheldon: I am not leaving until I’m done.
Sheldon: If you have time to lean, you have time to clean.
Leonard: Oh, what the hell.

insane:正気でない、気の狂った
adjacent:隣接した
peer:仲間
lower register:低音域
high pitched:高音の
rouse:起こす
ridiculous:馬鹿げた
premise:前提、仮説
what the hell:なんてこった(日本語の「マジ?」みたいな表現です。驚きや怒りを表し、様々な場面で使われます。)

なんとペニーの部屋の散らかり具合が気になりすぎて、深夜にペニーの部屋に入ってしまったシェルドン。もはや完全に犯罪ですが、レナードも止められずに一緒に片付けをする羽目に…

ちなみに"If you have time to lean, you have time to clean."という表現はleanとcleanで韻を踏んでいます。シェルドンにしては洒落た表現です。

ペニー起きる

alarm

さて、ペニーが起きるとさっそく部屋の変化に気づきます。

Penny: Son of a bitch!
Leonard: Penny’s up.
Penny: You sick, geeky bastards!
Leonard: How did she know it was us?
Sheldon: I may have left a suggested organizational schematic for her bedroom closet.
Penny: Leonard!
Leonard: God, this is going to be bad.
Sheldon: Goodbye, Honey Puffs, hello Big Bran.
Penny: You came into my apartment last night when I was sleeping?
Leonard: Yes, but, only to clean.
Sheldon: Really more to organize, you’re not actually dirty, per se.
Penny: Give me back my key.
Leonard: I’m very, very sorry.
Penny: Do you understand how creepy this is.
Leonard: Oh, yes, we discussed it at length last night.
(中略)
Leonard: You are going to march yourself over there right now and apologize. What’s funny?
Sheldon: That wasn’t sarcasm?
Leonard: No.
Sheldon: Woo, boy, you are all over the place this morning. I have a masters and two PhD’s, I should not have to do this.
Penny: What?
Sheldon: I am truly sorry for what happened last night, I take full responsibility. And I hope that it won’t color your opinion of Leonard, who is not only a wonderful guy, but also, I hear, a gentle and thorough lover.

Son of a bitch!:あの野郎!クソッタレ!(強い罵り言葉)
~is up:〜が起きた
geeky bastards:オタク野郎(geekはオタクという意味で、geekyはその形容詞。bastardは嫌なやつくらいの意味。)
schematic:設計図
Honey Puffs, Big Bran:シリアルのブランド名
per se:それ自体
all over the place:おかしい、気の狂った
color:悪い影響を与える(もちろん色という意味ですが、日本語で色眼鏡というように偏見のニュアンスを含みます。)

ペニーはとても怒って、いろいろな罵り言葉を口にします。まあ夜中に部屋に侵入されたらキモいですよね。しかしシェルドンはまったく意に介しません。皮肉もわからず、レナードに謝るように言われますが、それが皮肉だと勘違いする始末。

レナードの破局?

普段と様子が違うレナードをみてハワードが心配するシーンです。

Howard: Grab a napkin, homie. You just got served.
Leonard: It’s fine. You win.
Howard: What’s his problem?
Sheldon: His imaginary girlfriend broke up with him.
Howard: Been there.
Raj: Hello. Sorry I’m late. But I was in the hallway, chatting up Penny.
Howard: Really? You? Rajesh Koothrappali, spoke to Penny?
Raj: Actually, I was less the chatter than the chatee.
Leonard: What did she say? Is she still mad at me?
Raj: Well, she was upset at first, but, probably because her sister shot somebody. Then there was something about you and… then she hugged me.
Howard: She hugged you? How did she hug you? Is that her perfume I smell?
Raj: intoxicating, isn’t it?

grab a napkin:ナプキンを取れ(→負けて涙を拭くから)
You just got served.:「お前の負けだ」という意味の決まり文句。
imaginary:これは大学入試などでよく問われますね。「架空の、想像上の」という意味です。
Been there.:"I have been there."の略です。私もそこにいた→経験したことがあるという言い回しです。
chatee:聞き手(あまり聞かない表現のように思います)
intoxicating:酔わせる、夢中にさせる

シェルドンが小難しい表現を使う一方で、ハワードはわざと若者ぽい言葉を使おうとするところがあります。一言でいうとカッコつけたがりです。でも、been thereとかは会話で使えるとすごい自然ですね。

ラージはペニーが自分にハグしてくれたことで頭が一杯で、ペニーの話がぜんぜん頭に入っていない様子。レナードはペニーが怒っていないか心配しています。この後レナードが一人でペニーに謝りに行って仲直りします。

まとめ

今回はThe Big Bang Theoryのシーズン1の第2話について要所をまとめました。気になった表現やわからなかったところは覚えておくと、英会話のレベルアップにつながりますよ。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

えいごログ運営陣による英語学習教室のご紹介です

ポム英語学習教室は、大田区西馬込駅から徒歩1分の場所に位置しています。小学生から社会人までの英語学習をサポート致します。遠方の生徒さんでもオンラインで対応可能です。

pom

小学校・中学校の英語学習先取り/定期テスト対策/受験対策や、英検対策/TOEIC対策/IELTS対策など各種資格試験の対策も充実!やる気を引き出して丁寧に指導します。

電話:03-4500-8506
※生徒受付専用ダイヤルです。業者からの営業のお電話は固くお断り致します。

住所:東京都大田区南馬込5-40-5 テワンビル2F

この記事を気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事